日本の湖ベスト30第8位「支笏湖(しこつこ)(北海道)」

支笏湖(しこつこ)(北海道) は 約4.4万年前に支笏火砕流(Spfl)、支笏降下軽石(Spfa)を噴出した火山の大噴火(総噴出量139.5DRE km3)によって形成された支笏カルデラに、水が溜まったカルデラ湖である。形成当初の形状は円形であったが、カルデラの縁に恵庭岳、風不死岳が噴出したことにより、現在のようなくびれた形となった[2]。 「日本最北の不凍湖」であ…

続きを読む