日本の湖ベスト30大3位「能取湖(北海道)」




能取湖(北海道)

北海道の東北部に位置し、オホーツク海に通じる海跡湖である。日本の湖沼では14番目の面積規模を有する[4]。以前は海水流入部の湖口が季節的に開閉しており汽水湖であったが、1973年(昭和48年)に護岸工事が行われて湖口が固定され、現在は完全な海水の湖となっている。

湖畔にはアッケシソウ(サンゴ草)の群生地があり、毎年9月頃になると一面が赤色で埋め尽くされる。卯原内地区には日本最大とされるアッケシソウの群落があり、毎年9月にはサンゴソウ祭りが行われる。湖岸をなぞるようにアマモが繁茂しており、日本有数のアマモ場が形成されている。

故事名言=佚(いつ)を以て労を待つ


孫武(そんぶ)呉起(ごき)の教えた必勝法で、敵が遠

くからやって来るのを味方は英気を養いながら待ってい

て敵の疲れに乗じて戦うということ。佚は楽しむ、遊ぶ

の意。どちらも「近を以て遠を待ち、」佚を以て労を待

ち、飽を以て饑を待つ」とある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント