日本の湖ベスト30第8位「支笏湖(しこつこ)(北海道)」




支笏湖(しこつこ)(北海道)



約4.4万年前に支笏火砕流(Spfl)、支笏降下軽石(Spfa)を噴出した火山の大噴火(総噴出量139.5DRE km3)によって形成された支笏カルデラに、水が溜まったカルデラ湖である。形成当初の形状は円形であったが、カルデラの縁に恵庭岳、風不死岳が噴出したことにより、現在のようなくびれた形となった[2]。

「日本最北の不凍湖」であるが、これは温かい水が湖の深部に残存していて水面を暖めることにより湖面の水温が下がりにくいので、凍りにくくなっているためである。しかし、低温の日が続いた場合には結氷することがある。最近の全面結氷は2001年(平成13年)で、その前は1978年(昭和53年)まで遡る[3]。

また支笏湖は、透明度の高さで有名な摩周湖やバイカル湖に匹敵する透明度を有している。環境省の湖沼水質調査では何度も日本一に認定されている[4]。湖の北西には、北海道三大秘湖の一つであるオコタンペ湖がある[5]。

故事名言=一飯の徳も必ず償い睚眦(がいさい)の怨みも必ず報ゆ

史記にある言葉で、一度飯をたべさせてもらったもけっ

して忘れずに恩返しをし、、ちょっと睨まれたくらいの

怨みでも必ず仕返しをするということ。今で言えば、や

くざの仁義にそっくりである。睚はにらむ、眦はまなじ

りで、睚眦はにくらしそうに人を見るめつきのことをい

う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント