日本の湖ベスト30第6位「屈斜路湖(北海道)」



屈斜路湖(北海道)


屈斜路湖(くっしゃろこ)は北海道東部、弟子屈町にある自然湖である。日本最大のカルデラ湖で[2]、全面結氷する淡水湖としても日本最大の面積を持つ[3]。1934年(昭和9年)、全域が阿寒国立公園に指定された。アイヌ語で喉口、転じて沼の水が流れ出る口を意味する「クッチャラ[4]」に由来し、この湖の「クッチャラ」近くにあったアイヌの集落(コタン)「クッチャロ」に和人が字を当てたとされる[5]。

故事名言=一騎当千(いっきとうせん)

韓愈(かんゆ)のB雲霄の中に出てくる言葉で、一筋の

髭の毛で千鈞(一鈞は三十斤もの重いものを引っ張ると

いうこと。非常に危険な状態のたとえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント